[PR]

 中国政府は26日、北極政策をまとめた初の白書「中国の北極政策」を発表した。地球温暖化で氷がとけて開発がしやすくなり、北極の経済価値に注目が集まる中、天然資源や新航路の開発と利用を進める姿勢を打ち出した。習近平(シーチンピン)国家主席が推進する「一帯一路(シルクロード経済圏構想)」に絡め、北極航路を「氷上のシルクロード」としてロシアなどと協力して整備する構想も示した。

 北極圏には世界の石油や天然ガスの未確認埋蔵量の4分の1が眠るとされる。白書の発表は、利害当事国として国際社会にアピールする狙いがありそうだ。

 記者会見した孔鉉佑外務次官は「中国は北極圏の国々の主権を尊重する。中国が資源を奪い環境を壊すという懸念が一部にあるが、無用な心配だ」と述べた。

 日本や韓国も関心を示す北極航…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら