[PR]

 プロバスケットボールBリーグ1部の京都ハンナリーズが、あの手この手でファンとの距離を縮めて観客増に挑んでいる。Bリーグ初年度の昨季、ハンナリーズアリーナ(右京区)などのホーム試合の観客数は18チーム中で最下位。最大で5千人収容できるが、平均で2千人を切った。今季の順位は西地区6チーム中2位と善戦する一方、集客は昨季よりも苦戦している。

 1月20日のホームでのアルバルク東京戦。試合が始まる2時間前、約50人のファンが集まった。熱い要望や集客アイデアを聞かせてほしいと、チームがツイッターで呼びかけた「情報交換会」。シーズン中にこうした場を設けたのは初めてだった。

 チーム誕生時からのファンという大阪府箕面市の40代男性は「ファンの声を大事にする姿勢を感じる」と喜んだ。

 昨季のホーム試合の観客は平均…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら