[PR]

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は25日、トランプ大統領がニューヨークのグッゲンハイム美術館に対し、ホワイトハウスに飾るためにゴッホの作品を借りたいと依頼したところ、同美術館は代わりに純金の便器なら貸し出しできると返答していたと報じた。

 同紙によると、ホワイトハウスは、黒い帽子の男と犬が雪の積もった畑の道を歩く様子を描いたゴッホの作品「雪のある風景」を、トランプ夫妻のリビングに飾りたいため、貸し出しが可能かをグッゲンハイム美術館に問い合わせた。

 これに対し、同美術館のナンシー・スペクター主任学芸員は昨年9月、ホワイトハウスにメールで返答。ゴッホを断った上で、現代美術家マウリツィオ・カテランによる、「アメリカ」と題する18金の便器の貸し出しを提案した。

 メールには「(作品の作者は)長期間、ホワイトハウスに提供したいそうです。非常に価値が高く、いくぶん取り扱いに注意が必要ですが、取り付けから手入れまで、すべての使用説明を提供いたします」と書かれていたという。

 「アメリカ」は同国の行き過ぎた富を風刺した作品。一方、トランプ氏は、ニューヨークにあるトランプ・タワーの金色の部屋に住み、大統領執務室のカーテンも金色に変えるなど、金色好きで知られる。ただ、黄金のトイレの提供は受け入れなかった模様だ。(ワシントン=土佐茂生)

こんなニュースも