[PR]

(26日、フィギュア四大陸選手権 女子フリー)

 「ノーミスは絶対」。そう話していた坂本が、宣言通りミスのない演技。握って掲げた両拳を振り下ろすガッツポーズを見せ、満面の笑みを浮かべた。逆転でシニアの主要国際大会初優勝を飾った。

 出場選手の中でひときわ高く幅のあるジャンプだった。冒頭の3回転フリップ―3回転トーループ、後半のダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループ―2回転トーループは、女子にとって簡単ではない。そんなジャンプを軽々と舞った。9人の審判全員が、出来栄えの評価で最大3点か2点をつけた。

 「自信がつくような演技がこの大会ででき、五輪もどんな状況でもできるかと思う」。独特の雰囲気と緊張感がある大舞台を前に自信を深めた。