[PR]

 大相撲初場所(東京・国技館)14日目の27日、西前頭3枚目の栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身=が初優勝を果たした。後続に2差の単独トップで迎えたこの日、平幕松鳳山を破って決めた。平幕の優勝は2012年夏場所の旭天鵬以来。ジョージア出身力士の優勝は初めて。春日野部屋所属の力士の優勝は1972年初場所の栃東(先代玉ノ井親方)以来、46年ぶり。

 栃ノ心は2006年春場所、18歳で初土俵を踏んだ。08年夏場所で新入幕。前頭11枚目だった13年名古屋で右ひざに大けがを負い、一時は幕下55枚目に落ちた。幕内経験者が幕下転落後に幕内に戻って優勝するのは元横綱千代の富士、元大関琴風に次いで3人目。最高位は16年名古屋の西関脇。

こんなニュースも