[PR]

 第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦1回戦、菅井竜也王位―広瀬章人八段戦が26日午後2時から、東京都渋谷区の将棋会館で指され、112手で後手番の広瀬八段が勝った。広瀬八段が相手陣の隙を突いた歩の垂らしからリードを奪い、押し切った。

 昨年ベスト4の広瀬は、規定により本戦シードでの出場。昨年、熊本市で指された公開対局では1回戦、羽生善治三冠を破った戦いが記憶に新しい。一方の菅井は1次予選から出場し、谷川浩司九段や豊島将之八段らを破って勝ち上がってきた。朝日杯では準優勝の経験がある強者だ。

 ふたりの対戦は過去1局だけ。2015年の王位戦挑戦者決定戦で対戦し、広瀬が勝って羽生善治王位(当時)への挑戦権を獲得した(王位戦七番勝負は羽生王位には1勝4敗で負け)。菅井、広瀬はその後もリーグに残り、昨年は挑戦権を獲得した菅井が見事、羽生王位を4勝1敗で破って初タイトルを手にした。広瀬は7期前に王位を取っており、朝日杯本戦の1回戦は新旧王位の対戦となった。

 振り駒は歩が3枚出て菅井の先…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも