[PR]

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪フィギュアスケートのチケットが、日本で入手困難になっている。ソチ五輪金メダリスト、羽生結弦選手(23)らの活躍によるフィギュア熱の高まりが背景にある。

 「フィギュアは一番人気。特に男子は別格」。チケット付きの平昌五輪観戦ツアーを扱う近畿日本ツーリストの担当者はそう話す。昨年5月から3回にわけて3泊4日、79万8千円のツアーなどを受け付けたが、いずれも抽選となり、男子はすべて売り切れた。

 日本国内向けに観戦ツアーを扱うのは、公式には同社とJTB、東武トップツアーズの3社のみ。いずれも売り出すたびに抽選になり、売り切れか残りわずかになっている。チケットのみを扱うチケットぴあでも、7万円を超える席を含めすべて完売。抽選倍率千倍を超えたものもあったという。

 トラブルも起きている。旅行会社「グリーンツアー」(東京都)は平昌五輪のチケットを日本国内向けに販売したが、入手元の韓国・ソウルの旅行業者から予定していた数のチケットが届かなかった。届かなかったのはほとんどがフィギュアだったという。同社社長は「韓国の業者に返金を頼んでいる」と話す。

■熱心なファン、観戦に年150…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら