[PR]

 大相撲初場所で14勝1敗で初優勝した栃ノ心。出身国ジョージア(グルジア)のギオルギ・クビリカシビリ首相は優勝を決めた27日、取組終了後のわずか1時間半後に「ジョージアのスモウ・レスラー、レバニ・ゴルガゼが初場所優勝! おめでとう」とツイートし、喜びを表した。

 レバニ・ゴルガゼは栃ノ心の本名。ツイートには、栃ノ心がジョージアの地図や名産品のブドウとワインをあしらった化粧まわしを笑顔で掲げている写真も添えた。

 ジョージアでは柔道とともに相撲も盛ん。昨年4月には、首都トビリシで欧州選手権が開かれた。元小結の黒海に続いて同国2人目の幕内力士となった栃ノ心の活躍はよく知られ、クビリカシビリ首相は栃ノ心が優勝に王手をかけた26日の取組終了後にも「幸運を」とツイートしていた。(モスクワ=喜田尚)

こんなニュースも