[PR]

 沖縄県名護市の市長選が28日告示され、3選をめざす現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社会大衆推薦、立憲支持=と、前市議で新顔の渡具知(とぐち)武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の2人=いずれも無所属=が立候補を届け出た。投開票は2月4日。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事が始まってから初めての市長選。翁長雄志(おながたけし)知事とともに移設反対を訴える稲嶺氏と、移設を進める安倍政権が支援する渡具知氏との一騎打ちとなった。結果は今後の工事の進捗(しんちょく)や今秋の知事選に大きく影響する。

 稲嶺氏は事務所前で「政府の圧力に屈せず頑張ってきた。その流れを絶やしてはいけない」と主張。「名護のことはナグンチュ(名護の人)が決める」と述べ、移設に反対し続ける姿勢を強調した。

 翁長氏も応援に駆けつけ「沖縄は1兆円規模の(経済)発展がこれから見込まれている。大浦湾を埋めて新しい基地ができては、名護の発展を描くことができない」と訴えた。

 翁長氏は、2014年以降の知事選などで移設反対の候補が相次いで当選したことで「沖縄の民意は示されている」と訴えてきた。稲嶺氏の3選で、政府に改めて民意を突きつけたい考えだ。

 渡具知氏は事務所前で、移設計画で国と対立する稲嶺氏を「一つの問題にこだわりすぎて市民の生活を置き去りにしてきた」と批判。国との協調路線を掲げ、観光振興や学校給食費の無償化などを訴えた。

 渡具知氏は米軍再編計画に協力する自治体に交付される「再編交付金」を受け取る考えを示しており、移設を事実上容認する。ただし立候補表明後は移設問題にほとんど触れず、この日の遊説でも「(国と県の)裁判の行方を注視していく」と述べるにとどめた。

 安倍政権は渡具知氏の当選で「地元の理解を得た」として工事を進め、翁長氏を追い込むことを狙う。

 政府は昨年4月、名護市辺野古沿岸で、海を囲む護岸の造成を始め、着々と進めている。移設計画が浮上してから、市長選が争われるのは今回で6度目。27日現在の有権者数は4万9372人。