[PR]

 軍事政権下のタイで、暫定的な国会にあたる国民立法議会が下院選挙法の施行日を遅らせると決めたことを受け27日、バンコク市内で、若者たちがこれに反発する催しを開き、「今年中に選挙をしろ」などと主張した。

 「プラユット(暫定首相)の軍事政権になって4年がたつ。もう交代する時期だ」。バンコク中心部の広場で、学生のランシマン・ロームさんは声を張り上げた。集まった数百人の聴衆から拍手が上がった。

 議会が25日、下院選挙法の施行を90日先送りしたことで、今年中とされていた総選挙が来年にずれ込む可能性がでてきた。ランシマンさんたちはこれに反発して催しを計画。「このまま選挙をしなければ、タイの未来はどうなってしまうのか」などと呼びかけた。

 一方、軍政の最高機関である国家平和秩序評議会(NCPO)は、5人以上を集めた政治集会を禁じている。この日の催しの中心となったヌッタ・マハッタナさん(39)は朝日新聞の取材に、「軍事政権は法律で締め付けようとするが、憲法では言論の自由が保障されていると訴えたかった」と話した。

 催しに参加した男子大学生(22)は取材に、「軍政になって良いことがない。政権は人々の声を聴くべきだ」と話した。主催者たちは、今後も毎週、街頭で政府に選挙を求める催しを開く予定という。(バンコク=染田屋竜太)

こんなニュースも