[PR]

 ホテル従業員を殴ったなどとして、沖縄県警は28日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の海兵隊3等軍曹、ジェームズ・エドワード・クリフ3世容疑者(28)を暴行の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「酔っていて覚えていない」と話しているという。

 沖縄署によると、クリフ容疑者は27日午後10時35分ごろ、北谷(ちゃたん)町美浜のホテルで、従業員の男性(28)の顔を拳で殴った疑いがある。宿泊客ではないのにホテル内で泥酔して居座っていたため、従業員が立ち退きを求め、警察に通報したところ殴りかかったという。