[PR]

 和歌山市と甲南大学(神戸市)は29日、まちづくりで連携するための包括連携協定を結んだ。地域課題の解決や産業振興、市の魅力発信などに関して双方が連携することとしている。

 ともにシンポジウムを開催したり、尾花正啓市長が同大学で講義をしたりしてきたことが今回の協定につながった。今後、授業の一環で学生が市へフィールドワークに訪れ、地域課題について学ぶといい、地元産業への貢献や学生同士の交流、Uターン・Iターン就職が期待されている。

 この日あった協定書の締結式で、尾花市長は「フィールドワークを通じて地方創生に貢献していただき、ぜひ和歌山市に就職してもらいたい」と語り、甲南大学の長坂悦敬(よしゆき)学長は「豊かな人生を送る礎は地域にある。和歌山の課題を一緒に考えたい」と話した。(大森浩志郎)