[PR]

 カナダでは、お酒の販売は主に州(準州)ごとに管理されている。北西部にあるユーコン準州が、直営酒類販売所でビール、ワイン、リカーの瓶や缶に派手な色のラベルをつけて売り出したのは2017年、クリスマスの1カ月前だった。

 派手な色刷りのラベルで、飲酒は健康リスクを高めるとの警告文が記されていた。カナダ政府が財政支援する研究プロジェクトが、飲み過ぎ防止策として発案した。実験的に8カ月にわたってラベルをつけ、効果を試してみることにしたのだった。

 しかし、実験研究は1カ月もたたないうちに、中止された。

 ラベルをやめたのは、酒類製造…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも