大阪大学の入試ミスなどを受けて、文部科学省は29日、ミスの情報を受け付けるための専用窓口を設ける方針を明らかにした。衆院予算委員会で、公明党の赤羽一嘉氏の質問に対し、林芳正文科相が「すみやかに文科省の中に専用の窓口を設ける」と答弁した。

 文科省によると、これまでも大学入試室で外部からの指摘を受け付け、大学に必要な対応を求めてきた。だが、阪大が昨年の入試問題で外部からミスを指摘されながら対応が遅れて事態を悪化させるなどの例が起きており、情報提供をよりしやすくするため、専用の窓口を設けることにした。

 林文科相は答弁で「ミスの防止など適切な対応のためのルール作りを進める」とも述べた。同省によると、各大学に毎年出す通知に、「外部からの指摘に迅速に対応すること」を求める文言を追加することなどを検討しているという。(増谷文生)