[PR]

 トヨタ自動車が最上級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を一部改良して、1月8日に発売した。国内市場ではこのカテゴリーで敵無しの販売好調な2台。一方で、郊外のいわゆる「マイルドヤンキー」が乗る定番の「ヤン車」として敬遠する向きもある。より豪華で快適になった新型に試乗して、売れる理由と嫌われる理由を探った。

 アルファードとヴェルファイアは、3ナンバークラス大型ミニバンの兄弟車。フロントグリルの造形を作り分けて、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売される。2台をまとめて俗に「アルヴェル」とも呼ばれる。かつてトヨタ「クラウン」のライバルだった日産自動車の兄弟車「セドリック」「グロリア」が「セドグロ」と呼ばれていたのと同じ用法だ。日産の「エルグランド」やホンダの「エリシオン」(国内販売は終了)など競合を押しのけ、国内大型ミニバン市場で7割超のシェアを誇る。

マイルドヤンキーの厚い支持

 このほど一部改良されたのは、2015年1月に発売された3代目(後から投入されたヴェルファイアとしては2代目)。バンやセダンとのシャシー共用を避けて専用プラットフォームを用意する贅沢(ぜいたく)な設計で、先代に比べて乗り心地を大きく改善している。迫力と押し出しの強さでマイルドヤンキー層の支持が厚い一方で、政財界VIPや芸能人らが黒塗りセダンや高級輸入車から乗り換えて愛用する姿を目にすることも多くなった。

 実車に近づくと、その迫力に圧倒されて後ずさりしそうになる。ただでさえズシリとして大きい車体に、通行人や対向車をにらみ付けて威嚇するような、いかついフロントグリル。「中身の進化を表現する、分かりやすい外観を」(開発責任者の吉岡憲一主査)という理由で、改良前に比べてメッキ部分の面積が増えた。そのギラギラ感と鋭角につり上がったヘッドライトは、獰猛(どうもう)な肉食獣を連想させる。輸出先の中国や東南アジアでも、このいかつい顔が好まれるという。

 恐る恐る乗り込むと、安楽な乗り心地と広々とした室内空間に不満らしい不満は見つからない。あらゆる部分に、「乗員ファースト」とでも呼ぶべき居住空間優先主義が貫かれる。

 ハンドルを握ると、拍子抜けするぐらい運転しやすい。新開発の3.5リッターV6エンジン仕様は8速ATと組み合わされ、力強さと加減速のなめらかさは絶品。また、見切りの良さで車幅感覚がつかみやすく、総重量2トン超のヘビー級ゆえのおっとりした挙動のため、アクセルを踏み込んでも危なっかしい過敏さはない。逆に言うと、路面のコンディションが把握しにくく、独特の浮遊感も手伝い、気づかないうちに速度超過になりかねないところもある。さらに、車体に張り巡らされた遮音材のおかげで、外の騒音が入り込むのもかなり抑えられる。そこにJBLの高級スピーカーが備わり、大音量で音楽を鳴らしながら走れば、ますます車内は外界と隔絶したパーソナルな空間になる。

 運転マナーの悪い車種の代表格としてよく名前が挙がるのは、その外界から遮断された感覚が、周囲の道路状況を顧みない運転につながりやすいことも一因ではないだろうか。

気分が良すぎる2列目シート

 試乗した中でも、後部座席の作り込みにうならされたのは、最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」だ。2列目シートの快適性を高めた法人オーナーを想定したVIP向け仕様。後輪をモーターで駆動するハイブリッドモデルは、税込み750万円超となる。ひじ掛け付きでゆったりした2座の2列目シートが、飛行機のファーストクラスに匹敵する豪華な作りになっている。フル電動でゆっくりとリクライニングするが、今回の一部改良ではあえて、手動で瞬時に折りたたんでスライドできるようにした。要人を2列目に乗せた秘書や付き人が、空いているほうの2列目を即座に折りたたんで自ら3列目に乗り込めるように配慮した。「自分が乗り込むまでオーナーを待たせて、イライラさせたくない」という声が多く寄せられたからだという。そんな、同情を禁じ得ない秘書たちの要望を聞き入れ、細かい改善を怠らないのも、このクルマが支持される理由なのだろう。

 実際にエグゼクティブラウンジの2列目シートに乗ってみると、外界の景色が違って見えてくる。もともと着座位置が高い運転席よりも2列目シートの位置をさらに高くする「ひな壇レイアウト」を採用。「風景の見晴らしがよくなり、乗る人に優越感も感じてもらえる」効果を狙ったという。行き交うクルマや歩行者を見下ろせるのは新鮮だ。本革張りのシートは前後のスライドもたっぷりで、思いっきり後ろに引いてのけぞるぐらいリクライニングさせてオットマンに足を乗せる。成功した自分を夢想して「俺もついにここまで来たか……」とうそぶいてみたくなった。

 首都高を高速巡航しても、徹底した静音設計のおかげで風切り音が気になる程度。その風切り音も、主な発生源の一つであるドアミラーの形状を変更するこだわりぶりで、一部改良前より低く抑えたという。ちょうど2列目シートの試乗中に携帯電話で同僚記者と事務連絡の会話をしたが、音声が聞こえにくくなることは皆無。心なしか口調も偉そうになってしまいそうになる。

 試乗日は凍えるような寒さだったが、座面の温熱機能で体は暖かい。ほかにも天井のフリップダウンモニターや空調など、2列目シートに座りながら手元の操作パネルであらゆる調整が可能。特に驚いたのは、天井の両サイドに配置された帯状のイルミネーションだ。カラーLEDが使われ、16色のうち好きな色に点灯させることができる。どんな使い道があるのか気になるところだが、実際にブルーやピンクに点灯させると、色によって車内の雰囲気は怪しく変化する。まるで「十徳ナイフ」のように多彩な機能を詰め込んだ車内空間には感嘆するほかなかった。

なぜそんなに威圧的なのか

 この出来栄えで、2.5リッター4気筒の廉価モデルが税込み330万円台からという価格はバーゲンプライスと言ってよい。快適性を重視してコストパフォーマンスを考えたら、このクルマより狭くて高価な「レクサス」車をわざわざ買う理由がない。結果的に、アルヴェルが売れれば売れるほど自社の高級セダンは売れなくなるわけで、双方のブランディングに苦心するトヨタの苦労がしのばれる。

 そんな、上級ブランドをのみ込む勢いの新型アルファードのキャッチコピーは「大胆に、前へ」。そしてヴェルファイアは「圧倒するか、圧倒されるか」。それにしても、どうしてクルマがそこまで他者に対して身構えて威圧的でないといけないのか。高級外車も軽トラックも横断歩道を渡る児童や高齢者も、路上ではみな同じ交通社会の一員。街中で多く目にする売れ筋のミニバンなだけに、車内の乗員に優しいのと同じように、車外の人や街にも優しくあってほしい気がする。(北林慎也、信原一貴)

こんなニュースも