[PR]

 安倍晋三首相は29日午後の衆院予算委員会で、内閣府副大臣が在沖縄米軍問題をめぐるヤジの責任を取って辞表を提出した問題で「沖縄の皆さん、国民の皆様に対して深くおわび申し上げたい」と述べ、陳謝した。

 立憲民主党の川内博史氏の質問に対する答弁。今日の衆院予算委員会で注目された論戦のひとつは、先週、内閣の一員から飛び出した不適切な発言について、首相がどのような認識を示すかだった。午後2時過ぎ、首相は沖縄県民と国民に謝罪した。

 川内氏は「沖縄への暴言、冒瀆(ぼうとく)だ。任命権者として県民に謝罪すべきではないか」と求めた。これに対し、首相は「任命責任は当然、首相たる私にあるわけで、今回の発言は国会議員としての活動における発言ではあるが、内閣の一員であり、沖縄の皆さん、国民の皆様に対して深くおわび申し上げたい」と陳謝。発言の最後にも「改めて深くおわびを申し上げたいと思う」と重ねて陳謝した。(山岸一生)

こんなニュースも