[PR]

 6月に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に、元日本代表の右サイドバック内田篤人(29)が今年1月、7年半ぶりにドイツから日本に戻ってきた。古巣であるJ1鹿島への感謝、右ひざ手術から回復までの葛藤、自身3度目を目指すW杯への思いを語った。

もう忘れたい思い出

うちだ・あつと 1988年、静岡県生まれ。県立清水東高校から2006年にJ1鹿島入り。J1では07~09年の3連覇に貢献。10年夏にシャルケに移籍。10~11年シーズンの欧州チャンピオンズリーグでは日本選手で初めて準決勝に出場した。ドイツ1部では104試合で1得点。17年夏にドイツ2部ウニオン・ベルリンに移籍し、18年1月に鹿島に復帰した。

 ――鹿島に復帰しました

 鹿島を出るときから、体が動くうちに戻ってきたいと思っていたのでうれしい。シャルケとの契約も2018年夏までだった。契約延長の話が出たとしても、戻ってくるつもりでした。僕は海外でやりたくて仕方ないタイプではなかった。

 ――再び背番号「2」を背負い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら