[PR]

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる国会答弁の妥当性が問われている佐川宣寿国税庁長官が就任会見を開いていないことについて、麻生太郎財務相は29日の衆院予算委員会で「所管の行政以外に関心が集まっていたことから、実施しないと決めたと、確かあの時はそう聞いた」と述べた。

 立憲民主党の長妻昭氏の質問に答弁した。佐川氏は昨年7月に財務省理財局長から現職に着任したが、慣例となっている就任会見は開かれていない。麻生氏の答弁は、就任会見を開くと森友学園問題に質問が集中すると考え、佐川氏側が会見を避けたことを認めたと言える。

 長妻氏は「答えないために会見しないでも良い、というのが財務相の見解だと。驚きました」と批判した。(山岸一生)