役作りは、毛の処理をして しぐさも 瀬戸康史さん

有料会員記事

聞き手・野村杏実
[PR]

 放送中の月9ドラマ「海月(くらげ)姫」(フジ系)で、国会議員の息子で女装が趣味の鯉淵蔵之介を演じている瀬戸康史さん(29)。おしゃれなファッションとヘアメイクに身を包んだ女装姿は、SNSで「美人すぎる」と話題になっています。役作りでしたことや、ドラマへの思いを聞きました。

 ――オファーがきた時はどのように感じましたか?

 特殊な役ですよね。ほぼ全編、女装して芝居をする。今までやったことがないですし、最初お話をいただいた時は自分にできるかなぁという不安があったんですけど、やってみたいという気持ちと、今後こういう役はないだろうな、と。挑戦の意味でお受けしました。

 ――やってみたいと思わされ…

この記事は有料会員記事です。残り2635文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら