【動画】熱帯魚の一種での実験映像=総合研究大学院大学提供
[PR]

 仲間内で攻撃された時に、自分より弱い仲間に「八つ当たり」するのは地位を守るためだと、総合研究大学院大学の研究チームが熱帯魚の実験で発表した。31日付の英王立協会紀要(http://rspb.royalsocietypublishing.org/別ウインドウで開きます)に掲載された。

 研究チームはアフリカ原産の熱帯魚シクリッドを雌雄別に3匹ずつ大型水槽に入れ、約20分の間に仲間内で起きた攻撃を分析する実験を延べ19組実施。最も大きい魚(①)に攻撃を受けた2番目に大きい魚(②)が、その直後に最も小さい魚(③)を攻撃するパターンが136回観察できた。ランダムで攻撃が起こるより高い頻度だった。

 また、②が③を攻撃した時、①も③を攻撃する例が多かった。②の八つ当たりは、攻撃の矛先をほかに向かわせる効果があった。さらに、①が②を攻撃した直後、便乗して③が②を攻撃することもあったが、②が先に③に攻撃すると反撃はなかった。同大の伊藤宗彦客員研究員は「八つ当たりは集団内の順位が低い仲間からの攻撃を防ぎ、地位を守るのに役立っているようだ」と話す。

 八つ当たりは霊長類など集団で暮らすほかの生物にもある。沓掛展之講師は「攻撃が起こると集団内で連鎖し、ダメージは弱い個体に蓄積されてしまう。抑止は難しく、集団飼育では気をつけなくてはならない」と話した。(杉本崇)

関連ニュース