[PR]

 平幕の栃ノ心が初優勝した大相撲初場所。角界を盛り上げる力士たちの日常などを相撲画家の加藤タオさん(31)が、ちょっと引いた視点から描いた相撲画展「スモーモーション」が台東区寿2丁目の書店「リーディン ライティン ブックストア」で開かれている。2月4日まで。無料。

 昨春にできた開放的な書店の売り場に、取組のほか、床山に髪を整えてもらう力士や猫と戯れる力士など約20点のカラフルな作品が並ぶ。板つきのかまぼこに張りつく力士たちが描かれるなどユーモアあふれる作品もある。

 稽古場の壁に突っ立ってけいこをサボる力士を、角界では「カマボコ」と呼ぶ。そこから着想を得た作品で、加藤さんは「カマボコって、笑っちゃう。誰が言い出したんだろうって」。

 加藤さんは神奈川県横須賀市出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら