[PR]

 旧優生保護法は「不良な子孫の出生を防止する」という差別的な目的を掲げ、約1万6500件の強制手術につながった。中学3年で手術を強いられた宮城県の60代の女性が30日、国を訴えた。「劣った障害者はいなくなればいい」。そんな「優生思想」は今も社会に残っていると原告側は問いかける。

 「なんて残酷なことを。障害者なら人権を無視していいのか」。女性の義姉は女性の手術痕を見るたびに思う。出会った当時、おなかの傷は約13センチもあった。

 女性は日常的に「おなかが痛い」と苦しんだ。30歳の頃、卵巣囊腫(のうしゅ)にかかり、右の卵巣を摘出した。不妊手術で卵管を縛ったため、癒着したのが原因だったという。

 同様に不妊手術を強いられた県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら