[PR]

 アフラックは主力のがん保険で、がんの治療で頭髪が抜けた場合などに保険金を支払う「外見ケア特約」を4月から新たに導入する。生保業界で初めてという。治療をしながら働き続ける人が増えたことでニーズは高まっており、新たな特約で治療と仕事との両立を後押しする。

 特約を付けると、がん治療が直接の原因として頭髪が抜けたと診断された場合、10万円が給付される。特約保険料は、男性は30歳で月20円、60歳で164円。女性は30歳で32円、60歳で111円。がんの摘出手術で顔や手足を切除した場合も特約の対象となり、20万円が給付される。給付はそれぞれ1回のみ。

 アフラックが自社のがん保険契約者に調査したところ、治療を受けた約3人に1人で外見に変化が生じた。このうち6割近くの人で、抗がん剤の副作用による頭髪や眉毛の脱毛が起きたという。ウィッグの購入費用は平均11・7万円で、この金額を参考に給付金額を設定した。

 アフラックはこれまで、がんと診断された時点で支払う診断給付金をウィッグ代に充ててもらおうと考えてきた。だが、外見の変化により人と接することへの悩みを抱えるがん患者は多く、新たに特約として設けることにした。(河合達郎)

こんなニュースも