[PR]

 浜松市は30日、総務省の毎月の家計調査を独自集計した結果、昨年1年間のスーパーなどでのギョーザ購入額で、4年ぶりに宇都宮市に首位を明け渡したと発表した。一方、ウナギのかば焼きについては、10年連続で購入額日本一を達成したという。

 総務省の家計調査は全国約9千世帯を対象に、スーパーなどで購入して家庭で食べる分のギョーザなどの金額を調べている。店内で食べたり(外食)出前を取ったりした場合は対象にしていない。

 浜松市の集計によると、昨年1年間の同市のギョーザ購入額は1世帯あたり3582円で、全国2位。宇都宮市の4258円に及ばず、2014年からの連覇は3年で途切れた。

 一方、ウナギのかば焼きは1世帯あたり5933円で、2位の京都市(5449円)を上回った。ウナギのかば焼きは、指定市移行に伴って公表対象になった08年からトップの座を維持しており、生産地であるだけでなく、「ウナギ好き」が多いことも証明した。

 鈴木康友市長はギョーザ購入額の首位陥落に関し、「一緒にギョーザ界を盛り上げている宇都宮市が首位になったことに敬意を表したい。今年は捲土(けんど)重来の1年。ぜひとも1位を奪還したい」とコメントした。(大島具視)