[PR]

 「日本のリーダーは前向きでないスキャンダラスなことに時間を使いすぎだ」。経済同友会の小林喜光代表幹事は30日の記者会見で、安倍晋三首相や閣僚らが国会対応を理由にスイスで先週開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席を見送ったことについて発言した。

 ダボス会議に参加した小林氏は、「(英国首相の)メイさんも、(ドイツ首相の)メルケルさんも、(フランス大統領の)マクロンさんも、(米国の)トランプ大統領も来ていた」と説明。主要7カ国(G7)で日本だけが参加せず、トップ交流の機会を逸したとして、「国会日程を調整して首相か副総理が出席し、日本のIR(情報発信)をやるべきだ。もったいない」と述べた。

 また、580億円分もの仮想通貨が不正流出した「コインチェック」問題にも言及。「不幸な出来事だが、金融に利便性を与える新たなテクノロジーを否定することは賢くない」と述べ、金融当局による監督体制の強化が仮想通貨への規制につながることへの懸念を示した。(山口博敬)

こんなニュースも