【動画】児童が巻き込まれた事故現場=依知川和大撮影
[PR]

 30日午後4時5分ごろ、岡山県赤磐(あかいわ)市多賀の県道で、「集団下校中の児童の列に車が突っ込んだ」と通行人の女性から110番通報があった。県警や市消防本部によると、県道の三差路付近で車5台が絡む衝突事故があり、そのうち1台の軽トラックが歩道に乗り上げて横転し、市立軽部小学校に通う3~5年生の児童計5人を巻き込んだ。近くに住む4年生藤原友依(ゆい)さん(9)が搬送先の病院で死亡。4年生と3年生の男子児童が重傷の模様で、ほかの2人も軽傷を負ったが、いずれも命に別条はないという。

 県警は車同士の衝突事故のきっかけをつくった乗用車を運転していたとして、赤磐市仁堀西、無職重森智子容疑者(70)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査している。この乗用車が反対車線にはみ出し、対向車と衝突した後に、前を走っていた軽トラックに追突したとみられるという。

 市立軽部小学校によると、事故があった時間帯は2年生から6年生が集団下校していたという。事故現場を見に来た男性教諭は「事故の原因は分からないが、子どもたちに罪はない。何があったのかきちんと知りたい」と話していた。

関連ニュース