[PR]

 子どものころに「秘密基地」を作った思い出はないだろうか。宇和海に面した「ミカン山」のふもとにある八幡浜市向灘地区に、大人も子どもも集える「秘密基地」が誕生した。学び場や働く場、交流の場、宿泊を兼ねた会員制の複合施設「コダテル」。築約70年の空き家を改修した。運営者は「様々な世代が集って、アイデアをぶつけ合う場にしたい」と、まちおこしや起業の拠点としての活用も目指す。

 施設は1月20日にオープン。「コダテル」には「ここから企てる」「育てる」「一戸建て」などの意味を込めた。木造2階建ての民家を約900万円をかけて改修した。1階は机といすが置かれ、パソコンなどを持ち込むワーキングスペースや自習部屋として使える。2階は和室と洋室が計4部屋あり、宿泊もできる。

 設立した浜田規史さん(34)の実家は、この地区のミカン農家。幼い頃は段ボールで「秘密基地」を作って遊んでいた。「でも、いつのまにか、壊されて未完成に終わっていた」。コダテルは、子どものころに求めた「自分の居場所」を完成させる思いがあった。

 県外の大学に進んだ浜田さんは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら