[PR]

 自衛隊最大の輸送機C2の運用が始まり、初の飛行任務を帯びて配備先の航空自衛隊美保基地(鳥取県)を31日朝に飛び立った。入間基地(埼玉県)で戦没者遺骨収集に向かう遺族ら約40人と物資を乗せ硫黄島へ運ぶ。今後は地上配備型迎撃ミサイルPAC3や水陸両用車など、北朝鮮、中国に備える装備の輸送も検討する。

 C2は1973年から使われているC1の後継機で、2020年度までに13機導入予定。長さ、幅とも約44メートル、高さ約14メートルとC1の1・5倍で、航続距離は7600キロと4倍を超える。