[PR]

 昨年で俳優デビュー20周年を迎えた深田恭子さん(35)。テレビドラマや映画はもちろん、最近では舞台にも挑戦したり、インスタグラムでの情報発信が話題になったり、ますます精力的に活動しています。フジテレビ系で放送中の「隣の家族は青く見える」(木曜夜10時)では、子宝を授かろうと「妊活」に励む女性・五十嵐奈々を演じています。不妊や妊活といったテーマを演じるにあたって思っていること、夫役の松山ケンイチさんとの共演についてなど、話してくれました。

 ――最初に台本を見た時の印象はいかがでしたか?

 うーん、そうですね。どういう風に妊活っていうものを描いていくのかなというのはとてもセンシティブなことでもあるので、そこは意識しましたね。今でも、こういうインタビューの場でお話しする時も、「どんな風にお話をしたらいいのか」というのは考えます。撮影にあたって頂いた資料をよく読んだり、自分が今まで知らなかったような言葉なんかも出てきたので、その度に調べてみたりっていうのもありました。

 ――難しいテーマを扱いつつ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら