【動画】札幌の自立支援施設で火災、11人死亡=熊倉隆広撮影
[PR]

 31日午後11時40分ごろ、札幌市東区北17条東1丁目の生活困窮者らの自立支援関連施設「そしあるハイム」から出火、木造2階建て約404平方メートルが全焼した。道警によると、男性8人と女性3人の計11人の死亡が確認された。50~80代の男女3人がけがを負って病院に運ばれたが、命に別条はないという。消防によると、火は1日午前5時15分ごろに鎮圧された。

 道警によると、「そしあるハイム」は、生活保護者らの自立を支援する施設で、札幌市北区の「合同会社なんもさサポート」(藤本典良代表)が運営していた。

 藤本代表によると、入居者は40~80代の男女16人で、うち生活保護受給者が13人。1、2階が一人部屋の居室で、以前は旅館だったものを共同住宅として使っていたという。各部屋に石油ファンヒーターがあるといい、藤本代表は「1階の厨房にあるポリタンクから各自が必要な分をくんで部屋に持って行っていた。それ以外に部屋に火の気はない」と話した。消火器は1階に3本、2階に4本置いていたという。

 現場は札幌市営地下鉄北18条駅から東約500メートルの住宅街。戸建て住宅やマンションが立ち並んでいる。

 施設に出入りすることがある近所の男性によると、施設の1階と2階に6畳ほどの個室が並び、1階には食堂や調理場、風呂がある。1階の入居者が「火事だ」と叫び、施設関係者に連絡。この入居者は着の身着のままの姿で、「寒い、寒い」と言っていたという。男性は「暮らしていたのは、火が出ても自力で消すのが難しそうな人たちだった。かわいそうに」と話した。

 別の男性は午前0時前にサイレンの音で火事に気づいた。火が1階の窓から激しく出ていた。その後、2階にも燃え移り、「ボーン」という大きな音が鳴って火柱があがったという。