【動画】対談する井上雄彦さんとアルバルク東京の馬場雄大選手=佐藤正人撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケ選手の対談企画の新シーズン第5回は、現役大学生ながらアルバルク東京でプレーする馬場雄大選手です。

 井上 もうすぐ大学卒業ですね。卒業論文のテーマは何でしたか。

 馬場 「ダンクシュートの有用性と、勝敗に及ぼす影響について」です。筑波大での3年間で戦った99試合の映像を見て、ダンクシュートが発生した49試合を対象にしました。コートを縦に3分割し、その真ん中で球を奪って速攻をしかけ、ダンクに持っていくと一番有用性がある、というデータが出ました。

 井上 馬場選手と言えばダンクのイメージが強いです。こだわりは?

 馬場 ダンクを特別視している…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら