認可保育園落ちた…これからどうすれば、専門家に聞く

有料記事

田渕紫織、中井なつみ
[PR]

 今年も市区町村から各家庭に認可保育施設の選考結果が届き始めました。保育園を探す「保活」で苦労し、4月の復職予定を目前に落選通知を受け取って、途方に暮れている人も多くいます。どちらかの親が仕事を諦めないためには、これからどういう方法があるのでしょうか。あやしい情報に惑わされないように、専門家に聞いてみました。

 高層マンションが立ち並ぶ武蔵小杉駅のほど近く。川崎市中原区役所に1月29日、抱っこひもやベビーカーで子どもを連れた親たちが詰めかけた。

 川崎市は1月26日に1次募集分の落選通知を発送。週末を挟み、受け取った親たちが認可保育施設の窓口に駆けつけたのだ。区は整理券を配り、昼には70人を超える列ができた。午前9時前から並んだ女性(31)は「4時間待ってやっと自分の番が来た。10園以上を申し込んだが、すべて落選。自分と同じ立場の人がこんなにいると知って、ますます落ち込みます」と話した。

 認可保育施設の1次募集に落…

この記事は有料記事です。残り2842文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!