[PR]

 ネットにつながらず、コンテンツも増やせず、読めるのは漫画「北斗の拳」全巻だけ――。そんな電子書籍端末を東京都内のベンチャー企業が開発した。こだわったのは、紙の手触りや本を開く感覚の再現だ。電子書籍に距離を置く「紙で読みたい漫画ファン層」を取り込めると踏んだ。

 端末は、その名も「全巻一冊 北斗の拳」。大きさはA5判の漫画本と同じだ。外装は紙でつくり、主人公ケンシロウや宿敵のラオウが描かれたカバーをつけた。本を開くように端末を開くと、左右に見開きで配置された2枚の画面に電源が入り、「北斗の拳 究極版」の全18巻がモノクロで読める。

 開発したのは東京都江東区のプログレス・テクノロジーズ。きっかけは「電子書籍が思ったほど普及しない」という違和感だった。出版科学研究所によると、紙の出版物の市場は1兆3701億円だが、電子出版は2215億円。小西享取締役は「電子端末が進化しすぎて、紙で読みたい人にマッチしていない」と話す。

 ネット上で作品を探して決済し、データをダウンロードする一般の電子書籍は一つの端末で複数の作品を楽しめる便利さがある。一方、本の質感はなく、お気に入りの作品を自分の本棚に並べておくといった「所有する楽しみ」も薄い。

 「全巻一冊」では、全巻分のデ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら