[PR]

 90歳を超えるほどの高齢になると、それまでのように心身の若さを保つのは難しくなる。でも、そんな人たちの間で、以前とは違う「幸せ感」を抱くようになる人が少なくないことがわかってきた。長い人生を歩んできた人たちの心の中に、どんな光景が広がっているのか。

 新潟県上越市に住む渡邉智哲(ちてつ)さんは来月、111歳の誕生日を迎える。

 新潟県庁などで働き、退職後は自宅近くの畑に出たり、趣味の盆栽いじりをしたりした。108歳でインフルエンザにかかったのをきっかけに体力が落ち、いまは市内の介護施設で暮らす。

 施設の催しに参加したり、よく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら