大学入試センターは1日、2018年のセンター試験の最終集計結果を発表した。本試験の平均点は、「世界史A」(39・58点)と英語の「リスニング」(22・67点)が過去最低だった一方で、「倫理、政治・経済」(73・08点)と「地学基礎」(34・13点)は過去最高だった。

 追試験、再試験を含めた受験者数は55万4212人で、受験率は過去3番目に高い95・12%。平均で5・52科目を受験していた。国公立大の2次試験の前期日程は25日から始まる。

◆大学入試センター試験の平均点(本試験の最終集計)

※()内の数字は満点

科目        平均点 

国語(200点)   

国語       104.68 

地理歴史(100点)   

世界史A      39.58 

世界史B      67.97 

日本史A      46.19 

日本史B      62.19 

地理A       50.03 

地理B       67.99 

公民(100点)   

現代社会      58.22 

倫理        67.78 

政治・経済     56.39 

倫理、政治・経済  73.08 

数学①(100点)   

数学Ⅰ       33.82 

数学Ⅰ・数学A   61.91 

数学②(100点)   

数学Ⅱ       25.97 

数学Ⅱ・数学B   51.07 

簿記・会計     59.15 

情報関係基礎    59.35 

理科①(50点)   

物理基礎      31.32 

化学基礎      30.42 

生物基礎      35.62 

地学基礎      34.13 

理科②(100点)   

物理        62.42 

化学        60.57 

生物        61.36 

地学        48.58 

外国語筆記(200点)   

英語       123.75 

ドイツ語     136.83 

フランス語    134.83 

中国語      154.90 

韓国語      132.55 

外国語リスニング(50点)   

英語        22.67