[PR]

若山牧水賞の歌人・三枝浩樹さん(71)

 16年ぶりの歌集「時禱集(じとうしゅう)」で「第22回若山牧水賞」(宮崎県など主催)に選ばれた。短歌結社「沃野(よくや)」の代表で、山梨県歌人協会会長。今月7日、宮崎市で開かれる授賞式に臨む。

 兄の昂之(たかゆき)さんは歌人で県立文学館長。父の清浩さんも歌人だった。かつて甲府市にあった実家には歌に関する蔵書がたくさんあり、自然と興味を覚えた。教科書に載っていた石川啄木や若山牧水の作品に親しみ、中学3年の頃から身近なできごとを詠み始めた。

 15歳の頃、父が56歳の若さ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら