[PR]

 日本相撲協会の理事候補選で貴乃花親方(元横綱)の挑戦は惨敗に終わった。自らの1票に上積みは1票のみ。「改革派」を自認し、現執行部と対立する姿勢は、親方衆には受け入れられなかった。

「なぜあんな行動を」

 最大の敗因は、元横綱日馬富士の傷害事件に絡む対応への評価だった。巡業部長としての報告が遅れたほか、「警察の捜査を優先する」として被害者の貴ノ岩の協会聴取を度々拒んだことで、評議員会からは理事を解任されている。

 ある親方が言う。「なぜあんな行動を取るのか。いろんな人に説明を求められて困った」。協会関係者からすれば、説明を拒み、問題を長期化させる姿に見えたのだろう。それは拒否感にもつながっていった。

 頼みにしていた一門外の「貴乃…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら