[PR]

 冬場にエアコンを使っていると、部屋の空気が乾燥しがちです。肌の保湿や風邪予防のためにも、加湿器を上手に使えば快適な湿度に保つことができます。

 まず、加湿器を選ぶ際のポイントは、加湿の方式によって種類が異なる点。スチーム式(加熱式)は、水を加熱して湯気を出す。即効性が高いが、吹き出し口が熱くなるので、子どものいる場所では注意が必要だ。気化式は、水を含んだフィルターに風をあてて気化させる。電気代が安いが、ファンを使うので一般的に運転音が大きくなりがち。近年は、フィルターに温風を当て、加湿効率を高めるハイブリッド式などもある。

 超音波式は、超音波で水を振動させて細かな粒子にして出す。東急ハンズ新宿店の家電担当、下川仁也さんによると、「小型でデザインも豊富。デスクやベッドサイドに置きたい人に人気」。ただ、煮沸するスチーム式に比べ、手入れを怠ると水に含まれている雑菌を放出してしまう恐れがある。タンクの水は継ぎ足しせず、毎日交換する。「いずれの加湿器も、フィルターやトレーをこまめに掃除することが必要」と言う。

 「部屋の広さに応じた加湿量の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く