[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は2日、安倍晋三首相が慰安婦問題の日韓合意について、「1ミリも動かすことはあり得ない」としていることについて、「1ミリも動かさないと言ったら、そんな交渉に国の将来を任せられますか」などと述べ、何らかの妥協を検討すべきだとの考えを示した。

 BS朝日の番組収録での発言。首相は、韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が日韓合意に否定的な新方針を示したことに対する反論として「1ミリも」と述べてきた。二階氏は収録終了後も記者団に「国のトップが1ミリも動かさないと言ったら何も動かない。それはなかろう」と強調。「外交はもとよりそんなものだ。自分の主張だけで通るなら、家の中で考えておればいい。そうはいかないところに外交の難しさがある。よく話し合うことだ」と述べた。

こんなニュースも