[PR]

ロータリーエンジンの半世紀 栄光編(15)

 「まるで機械だな」

 テレビ朝日で実況を担当したアナウンサー、松苗慎一郎(60)は、黒い上下のメルセデスのピットクルーの精緻(せいち)かつ無駄のない動きを見て、こう漏らした。8時間経過後もメルセデスはトップ3を独占。盤石である。追うのは「マツダ787B」55号車だ。

 流れが変わったのは深夜から。トラブルでメルセデスの1台が上位から脱落。さらにもう1台も。55号車は2位に順位を上げた。総合7位が最高位のマツダにとっては未体験ゾーンだ。

 55号車の右前タイヤ担当のメカニック、野村裕之(54)は後半に入り、ライバルがピットに張り付いて自分たちの動きをずっとメモしているのに気づいた。「偵察か」。こんなことは初めてだった。

    △ …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら