[PR]

 ペットにも飼い主にも快適な余生を――。そんな思いから、「老犬ホーム」の経営者有志が今月、飼育環境にルールを定めて普及させようと業界団体を設立する。全国の施設にも参加を呼びかける予定だ。

 「老犬ホーム」は、老いて動けなくなったり、飼い主が高齢や病気になり飼うことが難しくなったりした犬を有料で預かる。法律上「譲受飼養業」にあたり、昨年4月時点で全国に118カ所ある。このうち東京や群馬、京都など6施設の経営者が「一般社団法人老犬ホーム協会」を立ち上げ、熊本県菊池市に本部を置く。

 環境省動物愛護管理室の担当者によると、老犬ホームは飼育スペースの広さなどに明確な基準がなく、狭いケージ(おり)に押し込めて散歩や運動をさせないなど、「劣悪な飼育環境の施設も多い」という。

 協会は、大型犬でもゆったり過ごせる、1頭あたり1・6平方メートルの飼育面積を確保する▽飼い主への施設公開や面会に対応する▽騒音、汚水、汚物、臭いに対し、適切な処理を行う――などのルールを明文化。これに加え、協会への加入条件として常勤職員1人あたりの飼育頭数を15頭までに抑えるよう求める。このルールを守れる団体に、加入を勧めていきたいという。

 ペットも人間も寿命が延び、高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら