[PR]

 東大生が「なめた動機」で始めたカーリングサークルが、平昌五輪カーリング日本男子代表のライバルとしてしのぎを削る強豪チームに成長した。その名も「チーム東京」。平昌五輪こそSC軽井沢クに譲ったが、これまで日本選手権では準優勝3度。2022年北京冬季五輪は代表の座を真剣に狙う、東大式の流儀がそこにある。

 「カーリングなら、今からでもオリンピックを目指せるんじゃないか」。神奈川屈指の進学校、栄光学園高で同級生だったスキップの神田順平(33)とサード岩永直樹(33)が、2003年の東京大学入学時にサークルを設立したのがすべての始まりだった。

 その後、飯野匠太(33)、橋本祥太朗(30)、岩本晋也(32)が加わった。雪国生まれの選手が多くを占める世界で、全員が関東出身というのも異色だ。動機はともあれ、カーリングの奥深さに全員がのめり込んでいった。

 東大法学部を出た神田は今、大手都市銀行に勤務する。東大農学部出身の岩永は味の素で働き、早大大学院を卒業した橋本は理学療法士として活躍中。大会には有給休暇を使って出場する。チームの練習は長野・軽井沢での月2回だが、車中での往復6時間が貴重なミーティングの場となる。「毎日練習して直帰するチームより、カーリングのことを話し合う時間はきっと多い」との自負がある。

 職場での責任が大きくなるにつれて競技との両立が難しくなっているのが悩みではある。今季は第2子が誕生した岩永が控えに回り、遠征を回避することも多くなった。2月4日まで北海道で行われた日本選手権では1次リーグ敗退と苦しんだ。それでも、「本気でやれば、俺たちは北京に行ける」。4年後を見据える。(渡辺芳枝、平井隆介

朝日新聞デジタルでは、14日から始まる平昌五輪のカーリング男女4人制で、彼らに勝負のあやを語ってもらうライブ解説や、カーリングの奥深さ、男女の日本代表選手たちの素顔を語ってもらう企画記事を随時掲載します。名付けて「東大式 すべらないカーリング観戦術」。頭脳集団が語り尽くすカーリングの魅力をお楽しみください。