[PR]

 静岡市美術館(静岡市葵区)で3日、ワークショップ「節分だ!鬼のお面をつくろう」があり、市内外の小学生22人が参加した。

 子どもたちは絵などで鬼の姿や節分について学んだ後、お面づくりに挑戦。赤色や青色のクラフトテープを縦横に編んで土台を作り、毛糸でひげや髪の毛を表現するなど思い思いの鬼に仕上げていった。

 同市清水区の2年生、望月空ちゃん(8)は「テープを編むのが難しかったけど楽しかった。お家で豆まきした後も大事に飾りたい」と出来栄えに満足そうだった。