拡大する写真・図版 宇野昌磨は弟の樹さん(左)と小さい頃から仲が良く、いまは実家付近で2人で暮らす(家族提供)

[PR]

(17日、平昌五輪フィギュア男子フリー 宇野昌磨が銀)

 フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)の心の支えは、四つ下の弟・樹(いつき)さん(16)だ。いま、名古屋市内の実家近くに部屋を借りて2人で暮らす。「あまり人と接しない」という宇野が、心を許せる相手だ。

 昌磨が高校生の頃まで、試合にはいつも樹さんがついていった。試合では衣装を着る直前までそばにいて、ウォーミングアップも一緒にやる。試合会場のロビーでゴム製のボールでキャッチボールをしたり、サッカーをしたりするのがルーティンだった。昌磨がボールを樹さんの体に当てたり、変な方向に投げたりしてからかうことで、緊張がほぐれた。

 いまでも樹さんが海外の試合に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら