[PR]

 若手の登竜門として知られるローザンヌ国際バレエコンクールで、決勝に進んだ日本の2人は入賞を逃した。スイス西部ローザンヌで3日行われた決勝には、広島市中区出身の大木愛菜さん(17)と広島市佐伯区の森脇崇行さん(15)が出場した。

 大木さん、森脇さんの2人は同市の小池バレエスタジオで習い、大木さんは独シュツットガルトのジョン・クランコ・シューレに留学中。森脇さんも今年9月から同校に留学予定という。

 プロのバレエダンサーを目指す大木さんは「決勝に残ることができて、自分では満足です」、森脇さんは「きょうは迫力に欠けたかもしれない。でも予選を通っただけでもうれしい」と話し、ともに笑顔だった。

 1位は、カナダのシェール・ワグマンさん(17)だった。「優勝できるとは思わなかった。技術はだれにでも達成できると思うので、自分は観客と気持ちを共有できるダンサーになりたい」と話していた。(ローザンヌ=吉武祐)