[PR]

 ロシア国防省は3日、シリア北西部イドリブ県上空を飛行していたロシア空軍の攻撃機Su25が地上からの高射砲で撃墜されたことを明らかにした。ロシア通信などが伝えた。パイロットは機外に脱出したが、地上で戦闘になり、死亡したという。

 ロシア国防省はパイロットが降下したのは、イスラム過激派組織「シャーム解放委員会」(旧ヌスラ戦線)の支配地域だったとしている。3日、複数のロシア空軍機が攻撃し、戦闘員30人以上を殺害したという。

 イドリブ県は、アサド政権を支えるロシアとイラン、反体制派を支持するトルコの3カ国による和平協議で、停戦を実現する「緊張緩和地帯」とされている。パイロットの遺体回収について、ロシア国防省は、この緊張緩和地帯の管理を担当するトルコと協議しているという。

 ロシアは2015年9月からシリア内戦に軍事介入。昨年12月11日には、プーチン大統領がシリア西部のロシア空軍基地を訪問して過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦の勝利を宣言。派遣部隊の撤退開始を命じていた。

 旧ヌスラ戦線は3日、関連メディアを通じて声明を出し、ロシア機の撃墜を認めた。場所はイドリブ県東部サラキブの上空で、携帯型地対空ミサイルを使ったという。「今回の撃墜は激しい空爆に対する復讐だ。我々の上空を代償なしには通過できないと侵略者に知らせた」としている。(モスクワ=喜田尚、イスタンブール=其山史晃)

こんなニュースも