[PR]

 藤井聡太五段(15)が1日、史上初の「中学生五段」になった。加藤一二三九段(78)や羽生善治竜王(47)ら、歴代の名棋士も成し得なかった快挙だ。多くの棋士が通る「一里塚」とはいえ、その出世の速さは特筆に値する。

拡大する写真・図版梶浦宏孝四段に勝利した藤井聡太・新五段=1日午後11時10分、東京都渋谷区の将棋会館、竹花徹朗撮影

 藤井五段はこの日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の9回戦で梶浦宏孝四段(22)と対戦した。両者は昨年6月、叡王戦の予選で対戦し、藤井五段が勝っている。

 ここまで唯一無傷の8連勝の藤井五段は、この一局に勝てば、一つ上のC級1組に昇級できる上位3位以内が確定。規定により四段から五段に昇段できる。

拡大する写真・図版終局後、梶浦宏孝四段(右)と対局を振り返る藤井聡太五段=東京都渋谷区、竹花徹朗撮影

 先手番の梶浦四段の作戦は、得意戦法の「相懸かり」だった。自ら戦いを起こし、ペースをつかんだかと思われたが、藤井五段も巧みに対応。検討室の棋士たちも、にわかには優劣を判断しかねる好勝負になった。

 しかし、勝負どころでリードを奪ったのは藤井五段だった。相手の攻めに応対せず、強気の攻め合いを挑んで優位を築いた。

拡大する写真・図版図・▲3三歩まで

 終盤、棋士たちを驚かせたのが、図の局面で藤井五段が指した手。銀取りの▲3三歩に対し、構わず△5八香成と攻め込んだ。佐々木勇気六段、三枚堂達也六段ら若手棋士たちはこの手を見て、「手抜いたんですか!」と驚きの声を上げた。

 自分の駒を取られそうな局面で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら