[PR]

 大相撲春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)の前売り券の販売が4日午前10時から始まり、午後4時までにほぼ完売となった。

 昨年の春場所は稀勢の里の新横綱場所となったこともあり、約2時間半で完売。今回は元横綱日馬富士の傷害事件など不祥事が相次いだ中での販売となったが、好調な売れ行きとなった。春場所の担当ですでに大阪入りしている富士ケ根親方(元小結大善)は「騒がしい中、これだけ楽しみにしてもらえるのはありがたいこと。あとは力士が充実した土俵をつとめてほしい」と話した。

 当日券は場所中の各日、会場で販売される。