[PR]

 4日投開票された沖縄県名護市長選では、新顔の渡具知武豊氏が与党支持層の票をしっかり固めて初当選した。現職の稲嶺進氏は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する人の票をまとめ切れなかったのが敗因となった。

 朝日新聞社は4日、市内12投票所で出口調査を実施し、1382人から有効回答を得た。期日前投票でも全日程で出口調査を実施した。有効回答は2340。

 当日、期日前ともに、自民支持層の8割以上が渡具知氏に投票。立憲、共産、社民各党の支持層は9割以上が稲嶺氏に投票した。

 渡具知氏当選の大きな決め手になったのは、前回自主投票だった公明党が選挙戦に本格的に参入したことだ。前回は期日前、当日とも出口調査回答者のうち公明支持層の割合はわずか2%にとどまっていたが、今回は期日前で6%、当日で4%と、存在感を高めた。

 投票の中身も大きく変化した。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら