[PR]

 沖縄県名護市長選の結果を受けて、落選した稲嶺進氏を推薦した民進党の篠原孝・選挙対策委員長が談話を出した。

     ◇

 わが党が推薦した稲嶺進候補は残念ながら惜敗した。稲嶺候補は、市長として2期を務めてきた実績・成果に対する評価と、「子どもの夢未来 紡ぐ名護のまち」のキャッチフレーズのもと、幅広い結集を実現させ、地域と暮らしを守るための政治を訴えて理解と支持を積み上げてきたが、力及ばなかった。

 当選を果たせなかったことは残念だが、民進党は、この結果を厳粛に受け止めるとともに今後の糧とし、地域主権の観点から政治を進め、暮らし本位の政策を実現するために、通常国会においても安倍自民党政権と厳しく対峙(たいじ)し、国民政党としての役割を果たしていく決意だ。

こんなニュースも